エースと呼ばれる人は何をしているのか

著:夏まゆみ

1,199円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    芸能人もビジネスマンも、成功する人はみんな、同じことをやっている。モーニング娘。、AKB48を育てた著者が贈る、働き方・考え方の書。モーニング娘。、AKB48、吉本印天然素材、ジャニーズ、宝塚歌劇団など、300組以上のアーティストにダンスの指導をし、NHK紅白歌合戦では17年以上ステージングを継続、1998年冬季長野オリンピック閉会式では数万人が一度に踊る振り付けを考案・指揮した、知る人ぞ知る夏まゆみ先生。数多くの芸能人を指導した中で、幾度となく考えさせられたことがあったといいます。スタートラインではほとんど差のない人たちが、いつの間にか大きな差となってかたや「エース」と呼ばれるまで成長し、かたや思いどおりにいかずその場を去っていく。なぜ、その差は生まれるのか――、ということです。そして30年に及ぶ指導経験からついに、「エースと呼ばれる人」には必ず、成長するための「正しい習慣」が身についていることに気づいたのです。しかもこの習慣は芸能人にかぎった話ではなく、ビジネスマンや学生、子どもを持つ親から部活動に精を出す学生まで、すべての人が持ちうる「成長の条件」=「エースの資格」なのです。本書ではこの「エースの資格」とはどのようなものかを紹介しながら、誰でも身につく方法を教えています。エースといっても難しいことはありません。というのもエースとは必ずしも「一番」をめざすことではないからです。エースとは「自己を確立し、自信を持ち、前に進める」人だと夏先生はいいます。その習慣を持つことで「自分自身のよさ」を最大限に引き出し成長できること、それが「エースになる」ということなのです。安倍なつみも、前田敦子も、最初はごく普通の女の子だったといいます。それがいかにしてエースの資格を身につけ、「エース」と呼ばれるまでに成長したのか。その理由を知れば、あなたも必ずエースになれるのです。本書は、これまで経験して得たことを、出し惜しみせず、すべてお伝えしたいとの思いで、夏先生が全身全霊をかけて作り上げました。人は誰でも輝く場所を持っています。その場所にたどり着き、輝くようになっています。本書を読んで、その場所へと続く一歩を、ぜひ踏み出してほしい、そんな勇気をくれる一冊です。*目次より●なぜ私は前田敦子を合格させたのか?●「群れない時間」をつくりなさい●いやなことがあったらまずは「why」で置き換えなさい●よいプライドは自分を美しく、悪いプライドは自分を醜くする●眠っている「底力くん」に会いに行きなさい●短所は「消す」のではなく、「出し入れ」できるようにする●一流の人ほど休憩時間の使い方が一級品●「謙虚」になるのはいいが「遠慮」はしてはいけない●ムカついている相手にこそ「ありがとう」を伝えなさい●人生にムダなことはなく、人は輝く場所を持っている

    続きを読む

    レビュー

    3.9
    32
    5
    10
    4
    10
    3
    11
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/22Posted by ブクログ

      ・「センター」ではなく、「エース」であれ
      ・自分がたとえ選ばれなかったとしても、常にエースである自覚を持つ

    • 2019/05/05Posted by ブクログ

      AKBやモーニング娘。の振り付けやプロデュースをしていた方ですが元々ダンサーで積極的な向上意識も感じられました。目立たなくダンスも素人の前田敦子をセンターに抜擢した理由や彼女が常に一人で他のメンバーと...

      続きを読む
    • 2019/05/04Posted by ブクログ

      モーニング娘。やAKB48の振り付けを通して教育係を務めた著者のエース論。実力や魅力を発揮すべきところで発揮できるのがエース。センターとは違い,誰にでもエースになる場所・資格がある。この手の啓発書はよ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード