地方議員

著:佐々木信夫

699円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    全国の都道府県会議員、市町村会議員は総数で約四万三千人にものぼる。地域主権の気運が高まる中、彼らの影響力は今後ますます大きくなるが、その実態は意外なほど知られていない。本書はまず、有権者が地方議員について知っておきたい事柄を網羅する。彼らのふだんの活動、議会の招集権を持つなど非常に大きい首長の権限、議員の報酬、どのような人が議員になるのか等を解説。そのうえで、新しい時代の自治体のあり方、地方議員のあるべき姿を提案。都庁勤務経験を持つ、行政学の第一人者が易しく書く。<様々な議会、地方自治のかたち>議員報酬を日当制(3万円)にした矢祭町(福島)議会事務室が無意味に二つある公民館はなぜできたのか?

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/04/04Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2011/04/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2012/08/12Posted by ブクログ

      財源の多くを国の補助金に頼り、足りない財源を国の交付税で穴埋めする。これを当然と考えてきた自治体。赤字という概念がなく、もらわなければ損という意識だけが先走り、主体制のない補助金行政による無駄な施設を...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000281045","price":"699"}]

    セーフモード