太陽が死んだ夜

著:月原渉

753円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ニュージーランドの全寮制女子校に、親友のバーニィと共に編入してきたジュリアン。彼女は同校を卒業した祖母が遺した手記と、古い手紙を携えていた。手記には、第二次大戦中に同校の教会堂で起こった残虐な殺人事件が、手紙には復讐をにおわせる不吉な一文が書かれていた。教会堂にお籠もりするという伝統行事の夜、ジュリアンと6人の同級生に、過去の事件と酷似した状況で悲劇がふりかかる……。これは41年前の事件の再現なのか?少女たちを脅かす封印された謎とは?第20回鮎川哲也賞受賞作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/06/21Posted by ブクログ

      序盤から事件の舞台が整うまでの過程で描かれる、登場人物たちの関係や位置関係が少しわかりづらく、少し読みづらいと感じました。でも事件が発生してから最後までは一気に読めてしまいました。
      過去の事件と現在の...

      続きを読む
    • 2015/05/13Posted by ブクログ

      数年前の鮎川哲也賞受賞作品。
      あまり鮎川賞作品っぽくなかった。
      書き口は丁寧でしっかり読ませるが、プロットが変に複雑で、謎解きで興奮しない。
      ミステリとして魅力がないわけではなく、文章も上手なので、も...

      続きを読む
    • 2014/06/27Posted by ブクログ

      ニュージーランドの女子校を舞台にした本格ミステリ。
      前半はやや情緒的というか、リリカルな雰囲気が漂っていたが、事件が始まった後のスピード感はやや慌ただしく感じるほどだった。
      ミステリ的には基本に忠実で...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000280962","price":"753"}]

    セーフモード