【完結済み】白い街の夜たち 1巻

白い街の夜たち

完結

3冊

著者:市川ラク

748円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    自分の居場所を見つけられず、日々流されるまま生きる専門学生・文子。彼女が偶然知ったのは、魅惑のトルコ文化。そして、世界の食文化が溶け込んだ、トルコ料理。この出会いは運命……!?気鋭の女流作家、初の長編連載。エキゾティックな青春成長ストーリー。

    続きを読む
    ページ数
    199ページ
    提供開始日
    2014/06/28
    連載誌/レーベル
    ビームコミックス
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    青年マンガ
    • 白い街の夜たち 全 3 巻

      未購入巻をまとめて購入

      白い街の夜たち 全 3 巻

      2,464円(税込)
      24pt獲得

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/15Posted by ブクログ

      ベリーダンサーの造形が嫌すぎる、つまりレベルが高い肝心の店を主体とした対立軸は機能しておらず、消化不良は否めないが自分と向き合うかたちで宗教を描くというテーマが最後まで一貫されていて、かついわゆる人生...

      続きを読む
    • 2018/02/01Posted by ブクログ

      何年か前に古書店で見かけて、部屋の飾りになりそうだなあと思って買ったんだけど、割と中身も好きな感じだったという出会い。たまに音楽をちょっと聴くみたいにパラパラめくって楽しむ。写真集より軽くて手頃でよい...

      続きを読む
    • 2015/06/28Posted by ブクログ

      ざくろに傾いていく松尾、ダンサーとして独り立つために葛藤しついにトルコ留学を決めたざくろ、ユスフと語り、コーランやイスラムをもっと知りたい気持ちが強まり、トルコ行きを決意する文子、友人の雪子が意識を回...

      続きを読む
    開く

    セーフモード