【最新刊】夜よる傍に

夜よる傍に
1冊

著者:森泉岳土

777円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

他に類を見ない圧倒的な作画と、清冽なポエジー溢れる物語…デビュー作『祈りと署名』によって、“漫画の新たな可能性を拓く”と評されてシーンに衝撃を与えた才能が満を持して放つ、初の長編作。はかなく優しく溶け合うような、闇と光を巡る“冒険”の物語。※作品の表現や演出を考慮して、電子版は本文縦組で制作しております。また一部のページを加工、追加、削除しております。※

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.6
3
5
2
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/08/14Posted by ブクログ

    森泉岳土氏の作品『夜よる傍に(2014)』を読んでみた。 今年の6月に”祈りと署名 (2013)”と”耳は忘れない (2014)”を読んだが。 どれも良かった。 今回読んだ、『夜よる傍に(2014)』...

    続きを読む
  • 2019/05/11Posted by ブクログ

    独特なタッチが印象的。CGでも描けそうなんだけど、水で描き、墨を落とし~というおもしろい技法を使って描いてるそうだ。絵もさることながら、ストーリーも文学的、詩的なんで、読んで1週間たったら、内容覚えて...

    続きを読む
  • 2019/02/19Posted by ブクログ

    紙の質感と線の黒に、鉛筆などで手の側面が黒くなる感覚を持ちながら読んだ。
    そんなことは気のせいなのだけど、巻末の著者のあとがきに、この作品がどう描かれたかが書いてあって、あの感覚もあながち間違いでは無...

    続きを読む
開く

セーフモード