【最新刊】ラヴェンダーの丘

ラヴェンダーの丘

半村良

374円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大倉治郎、48歳。かつては国際商社マンとして活躍した。今は第一線を退いて欧亜商事札幌支店苫小牧出張所の所長をしていた――が、元CIA要員、クロフォードからの電話でたちまち過去へと引き戻されてしまう。北方領土の近く、真琴内という小さな漁港で不穏な動きがあるという。謀略阻止の依頼だった。昔の仲間“ジャン”も駆け付けた。過去の罪を背負ったまま生きていた大倉は、自分の死に場所を求めるようにして真琴内へと向かう。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/01
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2015/09/28Posted by ブクログ

      半村良には珍しいハードボイルド小説。ソ連のスパイに乗っ取られた、民間協力のシステムを阻止する、アメリカの諜報部員の話。

      途中で、アイヌ語と地名の薀蓄をこれでもかと詰め込んできたり、自衛隊の細かい舞台...

      続きを読む

    セーフモード