【最新刊】仏教の思想 12 永遠のいのち<日蓮>

仏教の思想
12冊

著者:紀野一義 著者:梅原猛

691円(税込)
ポイント 6pt

通常ポイント:6pt

「古代仏教へ帰れ」と価値の復興をとなえた日蓮。永遠のいのちを説く「久遠実成」、宮沢賢治に数多の童話を書かせた「山川草木悉皆成仏」の思想など、日蓮の生命論と自然観が持つ現代的な意義を解き明かす。※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。

続きを読む

レビュー

3.4
24
5
3
4
5
3
16
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/10/10Posted by ブクログ

    第1部 華厳思想の本質(華厳思想の形成;華厳思想成立の基盤;華厳思想の至境;華厳思想の役割)
    第2部 『華厳経』の特徴(塚本善隆;鎌田茂雄;上山春平)
    第3部 華厳思想への道

    著者:鎌田茂雄(192...

    続きを読む
  • 2018/10/09Posted by ブクログ

    第1部 秘密の世界(空海の生涯;密教とは;曼荼羅の世界;人間精神の発展;自己を完成する;密教のシンボリズム;密教をめぐって)
    第2部 密教の再発見
    第3部 死の哲学から生の哲学へ(偉大なる矛盾の人生;...

    続きを読む
  • 2018/10/09Posted by ブクログ

    第1部 天台法華の哲理(天台思想の歴史;天台思想の骨組み;天台思想の展開)
    第2部 天台法華思想の系譜
    第3部 三国伝来の仏教(インドの劇詩;中国の思弁哲学;日本の内面道徳)

    著者:田村芳朗(192...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード