【最新刊】一茶句集 現代語訳付き

一茶句集 現代語訳付き

著者:小林一茶 訳注:玉城司

1,089円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    波瀾万丈の生涯を一俳人として生きた一茶。自選句集や紀行、日記等に遺された二万余の発句から千句を厳選し配列。慈愛やユーモアの心をもち、森羅万象に呼びかける一茶の句を実作にも役立つ季語別で味わう。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/07/01
    連載誌/レーベル
    角川ソフィア文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント
    • 1巻

      解説付き季語別に千首。「我と来て遊べや親のない雀」など動植物への労りの視点、「ぼた餅や地蔵のひざも春の風」などぬくもりのあるユーモアは句に親しませてくれる。一方で「衣替えて居てみてもひとりかな」「露の...

      続きを読む
    • 1巻

      久々に読んだ。『我ときて遊べや親のない雀』が昔から好き。最初はのどかな光景を詠んだ歌だとしか思わなかったけれど、幼い頃に母親を失った一茶が自分の孤独を雀に重ね合わせてこれを読んだ瞬間に何を考えていたの...

      続きを読む
    • 1巻

      四季の流れに沿って1000首を掲載。句集は読み慣れておらず、小林一茶なら素人にもわかりやすいのではと思って手に取ったが、解説まで含めると読了に大変に時間がかかった。一般に、小さな生き物に寄り添ってあた...

      続きを読む
    • 1巻

      何遍も読みたい、そんな本です。

    • 1巻

      大阪市立中央図書館所蔵受取館 淀川図書館

    セーフモード