遠野物語remix

著者:京極夏彦 著者:柳田國男

518円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    山で高笑いする女、赤い顔の河童、天井にぴたりと張り付く人……岩手県遠野の郷にいにしえより伝えられし怪異の数々。柳田國男の『遠野物語』を京極夏彦が深く読み解き、新たに結ぶ。新釈“遠野物語”。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    18
    5
    0
    4
    7
    3
    10
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/09Posted by ブクログ

      遠野に伝わる数々の伝説の情景が脳裏に色濃く浮かび上がってくる。
      原風景への憧憬もさることながら、このような話を伝える語り部たちがどれほど残っているのだろうと、少し寂しくなる。

    • 2019/09/01Posted by ブクログ

      岩の上の肌が抜けるように白い女、川岸に足跡を残す赤い顔の河童―。岩手県遠野の古くから伝わる、不可思議な説話を集めた『遠野物語』。日本民俗学の黎明を告げた柳田國男の記念すべき名著を、京極夏彦がリミックス...

      続きを読む
    • 2019/06/27Posted by ブクログ

      民俗学に造詣の深いミステリ作家の京極夏彦が、柳田國男の『遠野物語』を再構成した作品です。

      現代の文章で書きなおされた本書を通して原作の魅力に触れることができるという意味では、評価されてよいのではない...

      続きを読む
    開く

    セーフモード