メディアの苦悩~28人の証言~

長澤秀行(編著)

803円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「マスゴミ」「オワコン」と言われる新聞・テレビと、炎上などさまざまな社会問題をたびたび引き起こすネットメディア。これからメディアは、知の進化に貢献するのか、はたまた混乱の発生源となるのか――?亀山千広フジテレビ社長、木村伊量朝日新聞社社長、川上量生ドワンゴ会長、アリアナ・ハフィントン、中川淳一郎、津田大介、東浩紀――さまざまなメディア人の「苦悩」を、元電通ビジネス・デジタル局長がインタビュー。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/07/12Posted by ブクログ

      各プレイヤーがそれぞれ悩みを抱いていることがみてとれる。一次情報、ポータル、キュレーション、それらのメディアが複雑に入り乱れて今のネットニュースが構成されている。
      ハフィントンがどこまで食い込んで来る...

      続きを読む
    • 2014/06/04Posted by ブクログ

      電通でネット創成期から携わってきた、ある意味インターネット広告の目撃者でもある著者による、ネットを軸にしたメディアの今をめぐるインタビュー集。

      各テーマごとの掘り下げ具合こそ、ページも限られていて、...

      続きを読む
    • 2014/10/11Posted by ブクログ

      新旧メディア関係者の苦悩を語ってもらい、これからのメディアについて考える、という内容。なんだけど、第一章に関しては印象操作としか思えない酷いインタビュー記事。編集後の記事で会話のキャッチボールすらでき...

      続きを読む
    開く

    セーフモード