となりのカフカ

池内紀

693円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    カフカ初級クラス・12回講義。修了祝いにプラハ旅行つき――。カフカ全集の新訳を終えた池内紀が、「難解で、暗い」従来のイメージをくつがえす。楽しく読むカフカ。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/11/13Posted by ブクログ

      著者の近著である『カフカの生涯』を抄記した内容で、カフカの人物像に焦点を合わせ、意外な素顔と作品との関係性をも明らかにしています。カフカがいかに優秀で機械好きなサラリーマンであったか、また創作活動と恋...

      続きを読む
    • 2007/03/02Posted by ブクログ

      カフカってどんな人だったの?1人の人としてどんな風に生きたのか、決して普通の作家ではなかったカフカの興味深い人生がよーくわかります。貴重なカフカの写真もたくさん載ってます。

    • 2020/05/22Posted by ブクログ

      「となりのカフカ」池内紀著、光文社新書、2004.08.20
      218p¥735C0295(2020.03.02読了)(2020.02.29拝借)

      【目次】
      はじめに
      第1章 サラリーマン・カフカ
      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000280276","price":"693"}]

    セーフモード