千住博の美術の授業 絵を描く悦び

千住博

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    一番大事なのは「何を描かないか」――世界で評価が高まり続ける日本画家である著者初めての書下ろし。美術のみならず芸術を志すすべての人のための芸術原論。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/11/18Posted by ブクログ

      (2004.06.21読了)(拝借)
      副題「千住博の美術の授業」
      表題に美術の授業と書いてあるように、読んでいる人に語りかけるように書いてある。どんどん読める。
      内容は、5章に分かれ、テーマは「何を描...

      続きを読む
    • 2006/11/07Posted by ブクログ

      【最初の1文】
      絵を描くということは、自分にないものを付け加えていくことではなくて、自分にあるものを見つけて磨いていくこと。

      【引用】
      (目次からして深すぎて善し悪しを判断しかねるので、第一章の目次...

      続きを読む
    • 2007/01/08Posted by ブクログ

      日本画家、千住博さんが京都造形芸術大学で実施した授業内容を本にしたものですが、この内容がすばらしい!☆心に残った言葉をいくつか。
      ・絵を描くことは、自分にあるものを見つけて磨くこと。
      ・絵は憧れを描く...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000280272","price":"704"}]

    セーフモード