西遊妖猿伝 西域篇 3巻

諸星大二郎

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    屍魔(ドゥルジ・ナス)が、ゾロアスター教の拝火神殿を襲う!悟空の金箍棒(きんこぼう)は間に合うか!?「粟特城(ぞくとくじょう)の章」、凄まじきクライマックス。そして新たなる魔が躍る「毒敵山(どくてきざん)の章」、開幕。妖少女アマルカが城砦に侵入、同時に羊頭の怪物達も再活動を…。少女の最終目的は?悟空の役割とは?今、魔の夜が始まる!読む者の少年心を揺り起こすエキゾチック・アドベンチャー!

    続きを読む
    • 西遊妖猿伝 西域篇 全 6 巻

      未購入巻をまとめて購入

      西遊妖猿伝 西域篇 全 6 巻

      4,620円(税込)
      46pt獲得
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/08/19Posted by ブクログ

      悟空がどんどんかっこ良くなってきた反面、話のほうは面白さが無くなってきた。登場人物たちに魅力が感じられない(特に玄奘)からだと思う。

    • 2011/06/18Posted by ブクログ

      子どもたちを繋ぐロープに繰り返されるギャグ、物語はあまり盛り上がらないまま、聖天大聖の力も発揮されない、敵とその周りの状況を描いて、次の巻で決戦かなぁ…

    セーフモード