西遊妖猿伝 西域篇 2巻

諸星大二郎

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

まるで夜のような美少女、羊頭の魔物、ゾロアスター教寺院――――冒険活劇の香気はより濃密に。西遊記漫画の異端にして金字塔、新章第2幕!旅の仲間に加わった沙悟浄の案内で、伊吾の国を目指す玄奘一行。一夜の宿を借りた地主の家で、人間の所行とは思えぬ血みどろの殺人事件に巻き込まれてしまい……。羊頭の怪物群やソグド人騎兵隊を相手に、孫悟空の金箍棒が唸る!ますます波瀾万丈なエキゾチック・アドベンチャー!!

続きを読む
  • 西遊妖猿伝 西域篇 全 6 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    西遊妖猿伝 西域篇 全 6 巻

    4,620円(税込)
    46pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

4.1
6
5
2
4
3
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2010/07/30Posted by ブクログ

    周囲の登場人物の人種が少しずつ変化してきて、そーゆうところがまた妙にリアル。起こってる事件は相変わらずなんだけど。
    不思議な世界観が続いてるあの感じがたまらなく好き。
    物語の進みはおそいけど、これに関...

    続きを読む
  • 2010/06/26Posted by ブクログ

    ソグド人の領域に入って世界の奇妙さが増し、飄々としたテイストも増した。全く絵空事の世界だが、同時に歴史文化について相当リサーチしているようにも思う。相変わらず底知れない作者先生だ。

  • 2011/07/10Posted by ブクログ

    ゾロアスター教。
    もともと、拝火教って、仏教とも対立していたような気が……。まあ、その知識って、多分「ブッタ」で読んだ程度のものですが。

    でも、こうやって、いろんな文化、風習がでてくる方が、同じ文化...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000279969","price":"770"}]

セーフモード