西遊妖猿伝 西域篇 1巻

諸星大二郎

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

手塚治虫文化賞・マンガ大賞受賞!フィクションと史実を絡ませ、『西遊記』を大胆にアレンジ。おなじみ孫悟空や猪八戒も人間という設定。──唐の孤独な少年・孫悟空は、妖怪「無支奇」に見込まれ、虐げられた民の怒りに触れると、激烈な戦闘力が発動するようになる。血塗られた運命を変えるため、旅の僧・玄奘に従い、悟空ははるか天竺を目指す!第二部、第1巻は「流沙河の章」を完全収録。漫画史に輝く大伝奇冒険活劇!!

続きを読む
  • 西遊妖猿伝 西域篇 全 6 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    西遊妖猿伝 西域篇 全 6 巻

    4,620円(税込)
    46pt獲得
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2009/06/20Posted by ブクログ

    10数年?待ちに待った続きがついに読める!が、すでに前の話を忘れてる。坊さんが砂漠に踏み込むとこだっけか。
    これを機に大唐編も新版で揃えようかしら。
    追記:一気に読んで興奮してしまった。これは素晴らし...

    続きを読む
  • 2016/10/05Posted by ブクログ

    ついに沙悟浄が現れてメンバーそろい踏みになるわけだれど、悟空が人間というのも驚いたが、この沙悟浄の造形も話の持っていき方も凄い。
    流砂や恐竜の骨の扱いなどの想像力にも驚嘆。
    毎度のことながら、諸星先生...

    続きを読む
  • 2009/08/20Posted by ブクログ

    日本のまんがはおもしろい。
    どうしてこんな作品が出てくるのだろう。
    中国の戦国時代の雰囲気と日本の戦国時代の匂いがバランス良く配合されている。
    このような作品が復活してくる日本も悪くない。

開く
[{"item_id":"A000279968","price":"770"}]

セーフモード