【完結済み】あとかたの街 1巻

あとかたの街

完結

5冊

おざわゆき

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    太平洋戦争末期の昭和19年、名古屋。木村家次女・あいは、国民学校高等科1年生。青春真っ只中にいるあいの関心は、かっこいい車掌さんに出会ったことや、今日の献立のこと。自分が戦争に参加しているなんて気持ちは、これっぽっちもなかった――。しかし、米軍にとって名古屋は、東京や大阪と並んで重要攻撃目標だった。少女・あいにとって、戦争とは、空襲とは、空から降り注いだ焼夷弾の雨とは、一体何だったのだろうか。

    続きを読む
    ページ数
    175ページ
    提供開始日
    2014/11/22
    連載誌/レーベル
    BE・LOVE
    出版社
    講談社
    ジャンル
    少女マンガ
    • あとかたの街 全 5 巻

      未購入巻をまとめて購入

      あとかたの街 全 5 巻

      3,300円(税込)
      33pt獲得

    レビュー

    4.4
    24
    5
    13
    4
    9
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/26
      主人公が今は亡き母親の世代で

      読んでいてグッとくる物があります。漫画にしてこそ伝わりやすい表現が小沢ゆきさんの本領で、こんなに感動したのは久しぶりです。よくぞ描いてくれました。今後も広く伝えて欲しい。

    • 2018/10/12Posted by ブクログ

      昭和19年12月7日、戦時下の名古屋を襲ったのは昭和東南海地震。壊滅的被害を受けたことを日本軍は隠したつもりで、世界の地震計が感知していたのだから筒抜け、そして弱り目を狙って始まる名古屋大空襲。「地震...

      続きを読む
    • 2016/12/03Posted by ブクログ

      名古屋から逃れて一家で疎開。そして終戦へ。

      田舎に行くと戦争が全くよその出来事のように、食べる物にもそんなに困っておらず、つまらないいじめがあったり、ついこないだ生きるか死ぬかの境遇に置かれていたの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード