思春期をむかえる子と向きあう 佐世保事件からわたしたちが考えたこと

編著:保坂展人 編著:岡崎勝

1,430円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。現役小学校教員の岡崎勝と、教育ジャーナリストであり政治にも関わる保坂展人が、「ネット」「学校」「バーチャル」「心の闇」「家庭環境……」さまざまな原因説をこえて、語りあう。森達也:映像ほどあっさりとフィクションになってしまうものはない。でも、いまのメディアの若い世代は「これは客観です」「これは公正です」って本気で思っているんですよ。内田良子:グループの中の多数派にいるときには、自分の居場所があって、とりあえず身を守ることができるのだけど……。宮台真司:インターネットは、匿名であることによって無害なんですね。誰が罵倒されているか、しているか実際にわかってしまう場合に、問題が生じるんです。石川憲彦:鑑定者は、当初は言葉にならない行為を言語化する……ただし、それを忠実に再現できるのかというと、鑑定者と本人それぞれの意識の働き方によって変異することがあります。浜田寿美男:被害者意識がどんどん積み上がっていくとサインとして現れることもありますが、それが殺人にまで至るものなのかどうかは……。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/02/08Posted by ブクログ

      ああなんか、すごく色々と大事だ。
      わからないとわかった上でわかろうとするとか、環境や特性を無視するのではなく、環境や特性のせいにして切り離すのでもなく、その子を見る・全体を見る視点とか。

      「居場所」...

      続きを読む
    • 2005/12/04Posted by ブクログ

      懐かしい感じ。
      なんとも小学生の環境が、いちばんよく描かれている。

      まさかこどもが!とかいう論調はなんか現実に即していない。

      わたしももう小学校から遠くなってしまったけれども、小学生女子の微妙な関...

      続きを読む
    • 2013/08/01Posted by ブクログ

      同じ年なんだよなあ。

      事件のニュースを見た夜は、眠れなかった。
      なんというか目から鱗じゃないけど、人って殺せるんだって気づいたっていうか。

      いくら嫌いな人がいるからって、人は殺さないけど。
      家族と...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000279770","price":"1430"}]

    セーフモード