バラエティ化する宗教

著:石井研士

2,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    霊能テレビ番組やスピリチュアル番組、不思議現象番組、宗教団体の過剰報道など、いまや宗教はエンターテインメントとして発信されている。「スピリチュアリティとテレビの共犯関係」と「宗教をめぐる報道とステレオタイプ」を軸に、テレビ番組の受容、スピリチュアルブーム、放送コード、メディアスクラムなどの具体例から、バラエティ化する宗教の実像に迫る。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/04/21Posted by ブクログ

      あまり今までテレビで放映されているスピリチュアルなものに関心がなく、したがってどういうものなのか実態を把握しようとも思っていなかったのだが、本著を通して「なぜあれほどまでに多くの人がスピリチュアルな番...

      続きを読む
    • 2010/12/11Posted by ブクログ

      昨今の江原氏のスピリチュアルブームについて語っている。
      でも見る人が喜んでいるのだし、癒されるのだったら、それでいいのではないか。江原さん自身、スピリチュアルカウンセラーと称しているのだから、何が問題...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000279748","price":"2200"}]

    セーフモード