他界と遊ぶ子供たち 少年たちの資本主義

著:芹沢俊介

1,815円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。いま子どもたちはどこへ向かっているのか?遊びの変容、清潔ブーム、おたく族と胎内商品、噂話と死・他界への衝動など、加速する消費資本主義社会のなかで強まる逃走願望と、実際には依存を深める子どもたちの姿を描写する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2008/04/24Posted by ブクログ

      <memo>
      内的な火の強さ、熱→生命、存在の強さに直接の意味を与える
      他の強さ:火に比べて緩やか、惰性的、静止的、無目的
      恋する人:純粋であり激情的、唯一のものであり普遍的、劇的であり忠実、瞬間的で...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000279737","price":"1815"}]

    セーフモード