【最新刊】「女子」の時代!

「女子」の時代!

1冊

著:馬場伸彦 著:池田太臣

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    女子力、女子会、大人女子、カメラ女子、山ガール、森ガール…。ウェブやマスコミをにぎわせて2000年代に爆発的に広まって定着した「女子」は、少女や女の子、女性などの言葉とは違った意味合いで使われている。生物学的な性差やジェンダーなどの視点からだけでは捉えられないそのような「女子」の実態を、ファッション誌の大人女子、女子写真、オタク女子、働く女性を描く女子マンガなどを具体例にして多角的に観察・紹介する。そして、男性からの性的な視線や社会的な規範から軽やかに抜け出した女性たちが「女子」という言葉を積極的に引き受けて楽しみ、他者とのネットワークを作り上げている状況を、「かわいい」や「萌え」などの視点から分析して新たな女子文化論を提示する。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/27
    連載誌/レーベル
    青弓社ライブラリー

    レビュー

    3.1
    6
    5
    0
    4
    2
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/03/02Posted by ブクログ

      11「『女子』という言葉には、(…)男性視線的な性的含意が入り込む余地は少なく、当事者の嗜好性や行為がその命名の由来となっている。(…)対象としては眼差される客体ではなく、当事者である」
      12「身体化...

      続きを読む
    • 2013/11/05Posted by ブクログ

      甲南女子大の女子学研究会のメンバーによる、「○○女子」や「○○ガール」と呼称される「女子」についての論文集

      こてこてのジェンダー論のような鼻につく筆致ではなく、扱うテーマのようにライトな書きぶり。た...

      続きを読む
    • 2012/12/29Posted by ブクログ

      ここ数年における日本文化の大きな潮流となっている「女子」について、サブカルチャーの側から真面目に考察した、甲南女子大学の教員7名による論考集。「女子」という言葉が(「女性である子供」という本来の意味と...

      続きを読む
    開く

    セーフモード