少女論

著:本田和子 著:飯沢耕太郎 著:橋本治

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。成女でもなく童女でもない、男でもなく女でもない──少女たちの蠱惑的な魅力としたたかな魔力を多彩に描き、少女の現在を読み解く刺激的な論考。都市に浮遊する記号、ナゾに満ちた彼女たちの身体に迫る。総勢13人による共同執筆。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/10/23Posted by ブクログ

      社会が少女をどのように捉えていたかを考えていたときに読んだ本。

      本田和子氏をトップバッターに10人以上の「少女論」に触れることができます。
      やや記号論的な語り口の論考が多いお勉強の本です。

    [{"item_id":"A000279730","price":"1760"}]

    セーフモード