【最新刊】死体の文化史

死体の文化史

1冊

著:下川耿史

2,200円(税込)
1%獲得

22pt(1%)内訳を見る

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。刺青の皮を剥ぐ博士、死体の化粧師、みずからの死の実験者、23人の死刑囚の処刑を見た男、至福の千年王国論者、心中遺体100人を診た鑑識医、カニバリズム……。「死」という絶対を超克して濃密な生を死んだ、「死の逸脱史」発掘譚。

    続きを読む
    ページ数
    220ページ
    提供開始日
    2014/06/27
    出版社
    青弓社
    ジャンル
    学術・学芸

    レビュー

    4
    1
    5
    0
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2007/09/24Posted by ブクログ

      読んだのは何年も前だが、我が私設図書館では外せない本っす

      この本は、事実の羅列なので“他人事としての死”を学ぶ事はできます。
      死と対比させて“生”を実感できれば倫理的には幸いかも。
      最近の若者は“死...

      続きを読む

    セーフモード