イメージとしての戦後

著:坪井秀人 著:藤木秀朗

3,300円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。戦前・戦中とは切り離されて一新したかのように流通している「戦後」のイメージはどのように作り出され、人々に受け止められているのか。映画からマンガ・アニメ・文学までを取り上げて、アイコン化された「戦後」イメージに抗する思想的作法を照射する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2016/04/20Posted by ブクログ

      帯文(表紙):”戦前・戦中とは切り離されて一新したかのように流通している「戦後」のイメージはどのように作りだされ、人々に受け止められているのか。映画からマンガ・アニメ・文学までを取り上げて、アイコン化...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000279706","price":"3300"}]

    セーフモード