活字狂想曲

著:倉阪鬼一郎

556円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    人気作家の著者にも食えない時代はあった。十六年前、年収(月収ではない)十四万円の限りなく無職に近い現実不適応者・暗坂が就職雑誌を見て選んだ仕事、それは印刷会社での「文字校正」だった。チラシ、社内報、カレンダー……押し寄せる印刷物と耐え難いカイシャ生活でついに鬱憤は爆発。読み始めたら止まらない、思わず噴き出す現代の奇書。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/10/06Posted by ブクログ

      【本の内容】
      人気作家の著者にも食えない時代はあった。

      十六年前、年収(月収ではない)十四万円の限りなく無職に近い現実不適応者・暗坂が就職雑誌を見て選んだ仕事、それは印刷会社での「文字校正」だった。...

      続きを読む
    • 2011/05/29Posted by ブクログ

       ブックマークイヌヤマ一箱古本市の出店者さんに、どれがおススメ?と聞いて、『コレ!』と、教えてもらって買った本。
       印刷業の校正の仕事をしている著者の不満、批判、愚痴、どうしようもない現実。
       同僚や...

      続きを読む
    • 2012/05/13Posted by ブクログ

      抜群に面白い。作者の倉阪鬼一郎は同郷の三重県生まれの作家であり、名前は知っていて、『ブラッド』のエログロの印象が強すぎてある意味敬遠してたのですが、このエッセイは本当に、面白い。自分が変人であると自覚...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000279649","price":"556"}]

    セーフモード