叛逆 マルチチュードの民主主義宣言

アントニオ・ネグリ(著)/マイケル・ハート(著)

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ウォール街占拠から脱原発デモまで目指すべきものは何か?2010年代初頭、「アラブの春」に始まる直接抗議運動が世界中に広がった。専制的な政府、強欲な金融業界、民意を無視する政治に対して立ち上がり、支配体制を揺さぶった人びとこそ「マルチチュード」である。かれらが見せた新しいヴィジョンとは何か?代議制の機能不全はどう克服されるのか?〈帝国〉論で絶対的民主主義を説いた論者が、満を持して放つ具体的提言の書。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/01/28Posted by ブクログ

      「借金を負わされた者」、「メディアに繋ぎとめられた者」、「セキュリティに縛りつけられた者」、「代表された者」。危機が生みだした主体形象とされる、この4つ。

      様々な困難な状況にある人と1対1でじっくり...

      続きを読む
    • 2013/05/24Posted by ブクログ

      読んだ跡の残尿感あり。
      アメリカ人の運動論ではたして「脱資本」は達成できるのか。激しい疑問が残ったが・・・。

    • ネタバレ
      2019/08/15Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    [{"item_id":"A000279241","price":"838"}]

    セーフモード