権力移行 何が政治を安定させるのか

牧原出(著)

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    自民党が更新しつづけた「政権運営の知恵」とは?日本はこの3年で2度の政権交代を経験した。20年前の自民党下野とは違い、政権交代が常態化する時代に入ったのである。しかし民主党の失敗は深い傷を残した。好調に見える第二次安倍政権も盤石ではない。戦後自民党が繰り出してきた数々の「改革」の本質を「政権の延命手段」と見抜き、その成功と失敗の分析をもとに、「政権交代の時代」への前向きなビジョンと、政治を混迷から救う処方箋を提供する。[目次]第1章自由民主党「長期政権」の確立第2章政治改革と「改革の時代」第3章小泉内閣はいかに「官邸主導」を作り上げたか第4章官僚制の変容第5章公務員制度改革はなぜ停滞するのか第6章進化する政権交代

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/07/15Posted by ブクログ

      来週日曜は参議院選挙の投開票日ですが、いまひとつ盛り上がれない自分に活を入れるため読了。うそ!(笑)盛り上がれないのは争点が拡散し過ぎて飽和状態なのと、与党の政策があいまいなのに加えて野党が未熟すぎる...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2013/10/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/01/07Posted by ブクログ

      55年以後の自民党長期政権において、自民党が積み重ねてきた政権継続の知恵を明らかにし、他国の政権交代の制度を提示した上で、政権交代を円滑に進めるための方策を提言する本。

      政権交代を円滑に進めるために...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000279239","price":"838"}]

    セーフモード