緒方貞子 戦争が終わらないこの世界で

小山靖史(著)

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界的リーダー、緒方貞子を知るうえで最適の一冊UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)のトップを務め、“戦争が生み出した弱者”である難民を救うために、世界を駆け回った緒方貞子。その業績が今も国際社会で評価される、数少ない日本人リーダーの半生を、生い立ちから明らかにして話題を集めた「NHKスペシャル」が待望の出版化。曽祖父が総理大臣(犬養毅)、祖父は外交官(芳澤謙吉)、父も外交官(中村豊一)という家系に育った生い立ちやアメリカ留学時代など、これまであまり語られなかった若年期もていねいに振り返り、日本人離れした“リーダーとしての魂”が育まれた背景と道程を探っていく。[目次]第1章政治家・外交官の家に生まれて―誕生‐アメリカと中国での生活第2章信念の人父・豊一―日中戦争‐帰国第3章少女時代に見た戦争―真珠湾攻撃‐終戦第4章リーダーシップの原点―聖心女子大学時代第5章戦争への疑問満州事変研究―アメリカ留学‐論文執筆第6章突然の国連デビュー―結婚‐出産‐大学での講義‐国連総会出席第7章日本初の女性国連公使―国連日本政府代表部への赴任‐上智大学教授第8章紛争と向き合う中で―国連難民高等弁務官時代第9章「人間の安全保障」を求めて―二十一世紀JICAでの活躍エピローグ日本人へのメッセージ

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード