家族写真

荻原浩

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ちっちゃい赤ん坊だった準子が嫁に行くんだぞ―― 男手一つで育てた娘を嫁がせる「結婚しようよ」。あの主人公が同年代の54歳と知って愕然とする「磯野波平を探して」。もはや見ないふりできない肥満解消のため家族でダイエットに励む「肉村さん一家176kg」他。短編の名手による、笑って泣ける7つの家族の物語。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

       2015年4月に文庫化されたのが、荻原浩さんが書かれた「家族写真 (講談社文庫)」という一冊。7つの家族のそれぞれの思いを綴った、心温まる短編集だ。

       男手ひとつで育てた娘が、いつのまに大人になっ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

       様々な家族の姿を描いた短編集

       祝直木賞! ということで久々の荻原浩さんの小説を読みましたが、ユーモラスな話も、シリアスな話も、どちらも登場人物の心理描写が相変わらず丁寧でそしてリアルです。

       ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      予想通りのキタコレ短編集。いきなり泣かせ、いきなり笑わせ、俺の感情弄ぶなや!とブラマヨ吉田もきっとこう言うだろう。昔と今の家族事情は違うのだがやっぱり家族は家族なのだ。なんやかんや言ってもそこには家族...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A001524762","price":"704"}]

    セーフモード