データ・アナリティクス3.0 ビッグデータ超先進企業の挑戦

著:トーマス・H・ダベンポート 監修:有限責任監査法人トーマツデロイトアナリティクス 訳:小林啓倫

2,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ビッグデータと既存のデータ管理・分析環境との共存がビジネスを生む「データ・アナリティクス3.0」時代へ多数の事例を取り上げながら、データ・サイエンティストの人材不足への対応、組織のつくり方、何から取り組めばよいか、業界ごとの戦略の立て方などを、具体的に解説する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/05/06Posted by ブクログ

      データ分析を、大企業が行っていた内部データの分析、ネット企業が行っていたオンラインデータの分析(ここからビッグデータとしている)、あらゆる企業が行う多様化したデータの分析をそれぞれ1.0、2.0、3....

      続きを読む
    • 2017/04/27Posted by ブクログ

      本書はビッグデータのビジネスでの活かし方について書かれた本である。著者がこの業界では著名な人だけに、この本もかゆいところに手が届く内容となっていて大変面白い本であり、とても勉強になった。

    • 2014/05/29Posted by ブクログ

      ダベンポート先生の新刊。
      しっかり整理されていて勉強になるけど、今後の足しになる気付きはあまりなかった。残念。
      3.0時代が数年続く間に、次の目を自分で見つけないといけないですね。

    開く
    [{"item_id":"A000278716","price":"2200"}]

    セーフモード