経営者とは 稲盛和夫とその門下生たち

編:日経トップリーダー

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    努力すれば誰でも経営者になれるのか。それとも「選ばれし人」しかなれないのか。師の言葉を通し「経営者」について呻吟した門下生たちは、その先に何を見いだしたのか。稲盛和夫氏の長時間インタビューと、稲盛経営を実践する盛和塾生の体験談から、「経営者とは何か」「経営者とはどのような人間なのか」という根源的な問いに迫る。経営者の宿命に迫った渾身の稲盛哲学書。●「本当に自分で経営を一生懸命にやっていこうと思えば、経営者というのは、これほどしんどいものはない」●「大きな成功には大きな自己犠牲が伴う、小さな成功には小さな自己犠牲が伴うのです」●「不景気だとか、うちにはこういう技術がないからとか、何を言うとるんや」●「必死にやれば、このじいさんでも何万人の気持ちを変えることができるのです」●「経営のケの字も知らんくせに、経営者ぶっておる人がたくさんいる」●「若い頃、大変しんどい目をしとったとき、こんなにしんどいなら社長をやめようと思うことはしょっちゅうでした」(稲盛和夫氏のインタビューから)

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/10/11Posted by ブクログ

      経営者とは…という観点で、
      稲盛さん本人のお言葉と共に、稲盛塾に行かれてる色んな経営者のお話を交えて稲盛論を展開していく内容でした。

      確かに、こんなトップなら
      下の者は間違いなくついていくだろうなっ...

      続きを読む
    • 2013/09/13Posted by ブクログ

      動機が利己か利他かが、物事の成否を分かつ。しかし利益を出さなければ社会に役立つ事業は継続できない。心技ともに誰にも負けない努力をせよ。そしてメンバーに惚れられるリーダーであれ。

    • 2015/05/05Posted by ブクログ

      20150505
      稲盛和夫という人には以前から興味があった。京都の偉大なる先輩経営者に教えを請う心持ちで本を開く。生きていくうちに咀嚼して、60歳くらいになったときにそろそろ分かってきたかな、となれば...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000278671","price":"1650"}]

    セーフモード