神山プロジェクト 未来の働き方を実験する

著:篠原匡

1,650円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    IT(情報技術)ベンチャーの“移転ラッシュ”に沸く過疎地があります。それは、徳島県神山町。高齢化率46%と少子化と高齢化に苦しむ中山間地の典型のような地域ですが、これまでに9社のベンチャー企業がサテライトオフィスを開きました。ヤフーやグーグルなど大企業の社員が短期滞在で訪れることもしばしばで、空き家として放置されていた古民家が続々とオフィスに姿を変えています。その動きはオフィスだけではありません。移住者の増加に伴って、店舗や施設のオープンが相次いでいます。ここ数年を見ても、パン屋やカフェ、歯医者、図書館などが地図上に姿を現しました。アーティストやエンジニアなどの移住も進んでおり、まさに町が生まれ変わっている印象です。「21世紀の最先端は、東京でも上海でもシンガポールでもなく、神山にこそある」と、『里山資本主義』や『デフレの正体』を著した藻谷浩介氏が語るように、日本の未来が見える場所といってもいいでしょう。NHK「クローズアップ現代」やテレビ東京「日経スペシャルガイアの夜明け」など、神山に着目するメディアも増えています。神山には全国的に有名な観光スポットはありません。企業誘致に力を入れている自治体もいくつもあります。それなのに、なぜ神山に人々が集まるのでしょうか。本書は、その理由を様々な角度から明らかにしました。クリエイティブを生む場であり、新しい働き方の実験場であり、さらに人間再生の場でもある――。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/05/30Posted by ブクログ

      「移住・定住」の成功例として注目を浴びる徳島県神山町。
      いま、本業であるところの新聞記者として「人口減少」について取材していて、ヒントを得たいと購入した次第。
      といいますか、実は昨年、神山町のまちづく...

      続きを読む
    • 2018/12/22Posted by ブクログ

      <住み着く人々&企業>
       徳島の神山は一風変わった「田舎」として今注目を集めている。
       少子高齢化とそれに伴う地域の過疎化が進む中で、様々な移住者を集め、それをくい止めているから。
       一地方都市にクリ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/05/10Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000278666","price":"1650"}]

    セーフモード