模倣の経営学 偉大なる会社はマネから生まれる

著:井上達彦

1,980円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本質的に優れた経営は、時代を超え、業界を超え、伝承され、発展していく。手本を超えるためのモデリング―その理論と実践ヤマト運輸と吉野家スターバックスとドトールトヨタ自動車とスーパーマーケットなど。良くできた仕組みを目の当たりにすると、「うちもあんな風にできたらな」と思うものだ。しかし、大切なのはそこから何を学ぶかである。漠然と「あんな風」と感じていても話は前に進まない。そのお手本の「何を」倣おうとしているのかを明確にしなければならない。事業の仕組みにおいて、「あんな風」というのが、一体どこからどこまでを指すのかを考えなければならないのだ。(第3章より)

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/05/22Posted by ブクログ

      今日ご紹介する本は、今後の自分にとってのバイブルとなりそうな本です。

      ●ストーリーなきモデルは絵に描いた餅

      今、日本で圧倒的な力を持っている偉大な企業の成り立ちなどを紐解きながら、なぜそのような競...

      続きを読む
    • 2012/06/28Posted by ブクログ

      クリエイティブな発想や活動は模倣(イミテーション)から始まることがほんの根幹と感じました。筆者の言う「モデル」が本質的に何を指すのかが気になりました。

      日本語の模倣が必ずしもimitationと同一...

      続きを読む
    • 2012/05/18Posted by ブクログ

      軽い気持ちで読んでみたけど、「模倣」は奥が深いことがよく分かった。
      机上の空論ではなく、多くの実践及び成功体験について分かりやすく書かれていて、「創造的模倣」ができるような気になれた。

      恐らく再読し...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000278620","price":"1980"}]

    セーフモード