まつもとゆきひろ コードの世界

著・編:まつもとゆきひろ

3,520円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本書は、日経Linuxの2005年5月号から2009年4月号までに掲載した「まつもとゆきひろ直伝プログラミングのオキテ」をベースに、加筆・修正したものです。まつもと氏が開発したRubyの解説書ではなく、特定の技術を深く解説するタイプの書籍でもありません。プログラミングにまつわるいろいろな技術を俯瞰した一冊となっています。一つ一つの技術には、それぞれの目的があり、歴史があり、発展と進歩の経緯があります。それぞれの技術について、まつもと氏が一歩下がった立場から改めて考えた内容をまとめてあります。

    続きを読む

    レビュー

    • 2009/07/02Posted by ブクログ

      まつもとゆきひろ氏が日経Linuxに連載していたエッセーをまとめたもの。

      内容的にはもともと日経Linuxの連載なので、それほどプログラマプログラマしていない人でも読める内容にはなっているのではない...

      続きを読む
    • 2012/04/10Posted by ブクログ

      Rubyの開発者であるまつもとゆきひろ氏が、プログラミングとプログラミング言語について語った本。雑誌連載を基にしているため、多少冗長な箇所もあるが、内容の深さに比べれば些細なことだろう。言語マニアであ...

      続きを読む
    • 2012/04/30Posted by ブクログ

      Ruby開発者であるまつもとゆきひろは、プログラミング言語オタクだったんですね。プログラミング言語への愛情が感じられる本です。

      テストの視点でみると、プログラミング言語の進化がある種のバグを根絶か...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000278609","price":"3520"}]

    セーフモード