デスマーチ 第2版 ソフトウエア開発プロジェクトはなぜ混乱するのか

著:エドワード・ヨードン 訳:松原友夫 訳:山浦恒央

2,420円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    1週間6日、1日14時間働いても終わらない。スケジュール、人員、予算は半分。どう分析しても50%以上失敗することがわかっている。明らかに無謀――それが、「デスマーチ・プロジェクト」。巨匠エドワード・ヨードンが、1996年に発表し業界に衝撃を与えた名著『デスマーチ』の第2版。「失敗プロジェクト」の代名詞となり、現在も減ることのないデスマーチ・プロジェクトについて、発生のメカニズム、いかにすればそこから“生還”できるかを鋭く説いていきます。エクストリーム・プログラミング、システム・ダイナミックス、クリティカルチェーンなどの話を織り交ぜながらプロジェクト・マネジメントについて独自の視点を展開します。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2011/08/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/09/29Posted by ブクログ

      現在、デスマーチ案件に関わっているので、なにかしらのヒントを求めて買ってみた。

      この本を読んでわかったことは、デスマーチはたまたま発生するのではなく、ほぼ恒常的に発生するということ。そ
      今までは、管...

      続きを読む
    • 2008/05/29Posted by ブクログ

      http://blog.setunai.net/20060707/%E3%83%87%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%81-%E7%AC%AC2%E7%89%88/

    開く
    [{"item_id":"A000278546","price":"2420"}]

    セーフモード