【最新刊】データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」 ビッグデータからビジネス・チャンスをつかむ

データ・サイエンティストに学ぶ「分析力」

1冊

著:ディミトリ・マークス 著:ポール・ブラウン 監修:馬渕邦美 翻訳:小林啓倫

2,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    本書は、“既に手元にある魅力的なデータ(SexyLittleNumbers)”を、これまでとは違った角度から分析し、思い込みをこわして新しいビジネス戦略を描き成功させたデータ・サイエンティストの手法を、実例と多数の図表を交えて紹介する。データを分析し、誰に、何を、どのメディアを通して、いくらの予算をかけて消費者にアプローチするか、マーケティング戦略を決めたらどう実行に移し、その結果を測定して最適化を図っていくか、という「データ・アナリティクス(分析)」の一連のプロセスがわかる。「測定した結果が何の意味をもつのか」をシンプルな形で示すことに徹底的にこだわる。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/24
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.6
    42
    5
    7
    4
    19
    3
    12
    2
    2
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2019/07/01Posted by ブクログ

      統計学やデータ分析に関するビジネス書を集中的に読んだ中の1冊。

      テクニカルな部分ではだいたい知ってることが出てくるんだけど、どういう点に目星をつけるか、どういう風に進めるか、というところがミソで、最...

      続きを読む
    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      著者が言うように「数字はいつも魅力的だった」というように、最近ビックデータがもてはやされているが、昔から、データや数字をどう分析、活用するかが問題で、その気づきを感じるには本書はわかりやすい。

    • 2018/12/20Posted by ブクログ

      vol202.そのうちすべての分析業務が自動化する!?本当のマーケティング予算の測り方。
      http://www.shirayu.com/letter/2013/000408.html

    開く

    セーフモード