シグナル&ノイズ 天才データアナリストの「予測学」

著:ネイト・シルバー 訳:川添節子 監修・解説:西内啓

2,640円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    金融市場、天候、政治(選挙)、プロスポーツなど、さまざまな分野における予測の重要性と精度、失敗例・成功例などに具体的に言及しながら、複雑に絡み合った情報のなかに混在するシグナル(予測の手がかり)とノイズ(雑音)の見分け方、陥りやすい落とし穴、予測の精度を高めるための手法などを平易な言葉で解説する。ビッグデータ分析のための貴重なヒントを凝縮した一冊。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/05/24Posted by ブクログ

      大リーグの弱小チーム オークランド・アスレティックスを低予算でも統計を駆使することで割安なプレイヤーを集めることでプレーオフの常連にした『マネーボール』で有名になった野球データを分析したセイバーメトリ...

      続きを読む
    • 2017/05/07Posted by ブクログ

      自分が興味ある分野だけに、500ページのボリュームでしたが、かなり興味深く読みました。
      リーマンショックや巨大地震、インフルエンザなどの予測に関する失敗のエピソードは、参考になりました。
      著者は、最近...

      続きを読む
    • 2014/05/06Posted by ブクログ

      ■予測

      A.予測する際は、もっと確率と不確実性を受け入れねばならない。この点において役立つのが、条件付き確率を導き出す「ベイズの定理」だ。1 つのアイデアを違う角度から考える必要性を理解し、検証する...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000278487","price":"2640"}]

    セーフモード