検索エンジンはなぜ見つけるのか 知っておきたいウェブ情報検索の基礎知識

著:森大二郎

2,640円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「第一線の開発者が書いた、深くて易しくて面白い検索エンジンの解説書」――――岡野原大輔氏(株式会社プリファードインフラストラクチャー)◆地球上のウェブページから「本当に欲しかった情報」と人を結びつけるしくみを解説情報社会の恩恵を受けるうえで今や欠かせない存在となった検索エンジンですが、そのシステムを支える基本的なしくみや原理についてはそれほどよく知られていません。どうしたら世界中のウェブページの中から、もれなく一瞬で検索できるのか?なぜわずか一言か二言の言葉を打ち込むだけで的確なページを見つけ出せるのか?日頃から検索エンジンを使っているエンドユーザーにこそ知ってほしいとの願いを込めて、数式やコンピュータ用語の代わりに身近なものへの比喩を駆使し、徹底して平易な文章で、しかし妥協なく基本原理から先端技術までを解説しています。<本書の特徴>●「もれなく、すばやく、的確に」検索するためのさまざまな工夫がわかる●「図書館」「本」「ライト」など身近な例で、本来複雑な検索エンジンのしくみがすらすらわかる●「圧縮サフィックスアレイ」「協調フィルタリング」など先端技術の本質がわかる

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/04/23Posted by ブクログ

      2011 4/23読了。先生に貸していただいた本。
      前から読みたいと思っていたのだが、授業に関する打ち合わせの中で言及があり、貸していただけた。
      分類、出納のみならず利用者の情報要求を対話を通じて形に...

      続きを読む
    • 2012/02/04Posted by ブクログ

      検索エンジンの仕組みがわかりやすく紹介されています。この本を読んで普段何気なく使っているGoogleがどのようなことをしているのか、どれだけすごいことをしているのかが少しわかるようになりました。
      検索...

      続きを読む
    • 2012/05/04Posted by ブクログ

      文字列マッチング処理と自然言語処理の基本を解説した本。検索エンジンに限らず文字列を扱うプログラムを書いている人は読むべし。高速化や索引サイズ削減、ランキング処理、類似度判定と扱っている範囲も幅広い。全...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000278469","price":"2640"}]

    セーフモード