クリィミーマミはなぜステッキで変身するのか? 愛されるコンテンツを生むスタジオの秘密

著:布川郁司

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    30年経っても愛される『クリィミーマミ』に学ぶコンテンツ業界を生き抜く知恵とは?1983年に放送され、絶大な支持を獲得した『魔法の天使クリィミーマミ』。放送から30周年の今、数々の記念イベントやグッズが企画され、かつての魔法少女ファンたちを熱狂させている。クリィミーマミを企画・制作したのは、今や老舗のアニメ会社の「ぴえろ」。その創業者が、制作の秘密からアニメビジネスの舞台裏まで語り尽くす!カバー・扉イラストは、高田明美先生描き下ろし!『こちら葛飾区亀有公園前派出所』の秋本治先生推薦!!「著者の布川さんはタツノコ時代の上司です(笑)。その頃から野望を抱いていました!(笑)」ぴえろの礎となった『ニルスのふしぎな旅』『うる星やつら』『おそ松くん』『幽☆遊☆白書』から、最新のヒット作『BLEACH』『NARUTO-ナルト-疾風伝』まで老舗アニメ・スタジオ35年の軌跡が明らかに!

    続きを読む

    レビュー

    • 2017/09/07Posted by ブクログ

      「パンプル ピンプル パムホップン、ピンプル パンプル パムホップン!」

      この言葉、幼い頃によく口ずさんでいたらしい(笑)
      クリィミーマミは、大好きで、鼻声で「としおー」と、モノマネまでしていた(笑...

      続きを読む
    • 2018/10/29Posted by ブクログ

      「ぴえろ」創業者のビジネスエッセイ集

      その昔、「うる星やつら」「クリーミィ・マミ」も視聴したファンであるが、現在深夜アニメファンである私には、「スタジオぴえろ」に思い入れはない。

      このスタジオのビ...

      続きを読む
    • 2013/12/28Posted by ブクログ

      元アニ研所属としては読まざるを得ない著者とタイトル、そしてカバーデザイン!基本アニメビジネスについて書かれているが色々と感じ考えさせられる部分多し。
      でも、中扉の優は黒眼が大きすぎるのかな。なんかカワ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000278463","price":"1760"}]

    セーフモード