【最新刊】ウェブはグループで進化する ソーシャルウェブ時代の情報伝達の鍵を握るのは「親しい仲間」

ウェブはグループで進化する

1冊

著:ポール・アダムス 訳:小林啓倫

1,760円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ウェブ上の情報が爆発的に増え続けるなか、いまウェブは大きな変革期を迎えようとしている。本書の著者は、グーグルでGoogle+の開発に携わったのちフェイスブックに移籍した気鋭の研究開発者ポール・アダムス。多くの研究論文、フェイスブックでの膨大なデータや事例をもとに、ウェブの構造変化、ユーザーのネット上での行動や意思決定の変化、情報伝達の変化を、多数の図を用いながらするどく解説する。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/24
    出版社
    日経BP
    ジャンル
    ビジネス

    レビュー

    3.6
    35
    5
    8
    4
    12
    3
    10
    2
    4
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/01/14Posted by ブクログ

      ネットワーク、関係性、グループに関する本。
      著者もFacebook関連の人であり、Facebookで実践している智慧を共有してくれている本という印象。
      基本的な人の行動原理は影響力の武器の要因に共通し...

      続きを読む
    • 2019/02/19Posted by ブクログ

      【5人・15人・50人・150人】
      どんな本?
      社会行動に関する法則を理解する入門書

      まさにそんな本だと感じた1冊。

      『ウェブの構造変化=コンテンツ中心型から人中心型へ』
      本著内の言葉が、先日の...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/01/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード