一万年の進化爆発 文明が進化を加速した

著:グレゴリー・コクラン 著:ヘンリー・ハーペンディング 訳:古川奈々子

2,420円(税込)
1%獲得

24pt(1%)内訳を見る

    人類の生物学的進化は4~5万年前に終わったという従来の学説を否定して、1万年ほど前から人類の進化が加速していると論じた本。1万年ほど前に始まった農耕によって、大きな変化が起きた。人間はそれまでと違う食べ物を食べるようになり、新しい病気にさらされ、集団生活のしかたが変わり、人口が増大した。このような文化的な変化がヒトに自然選択の選択圧を加え、ヒトの心と体を遺伝的・生物学的にも変化させた。そうした遺伝的変化が今度は文化や歴史に重大な影響を及ぼした。人類史とは、生物学的変化と文化的変化がからまりあった、終わりなき舞踏のようなもの。著者らが「遺伝歴史学」と呼ぶアプローチに基づいて、人類史の謎を解き明かす。

    続きを読む

    レビュー

    3.4
    12
    5
    1
    4
    4
    3
    6
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/21Posted by ブクログ

      人間は今も進化している。しかも通常の100倍の速度で。
      ヨーロッパ人がアメリカやオーストラリアの先住民を簡単に支配できたのも、アフリカは簡単に支配できないのも、サハラ以南のアフリカ人がなかなか近代化で...

      続きを読む
    • 2019/05/05Posted by ブクログ

      本書発刊の後ネアンデルタール人の骨から抽出したDNAの研究によって現生人類との交配(脱アフリカ後まもない中東において)を指摘する発表があったが、その結果何が起きたかについては不明である。
      個人的には、...

      続きを読む
    • 2019/04/14Posted by ブクログ

      8000年前頃、ヨーロッパ人の中で乳を分解するラクターゼの継続的な生産をもたらす変異が起きた。ウシの乳を飲むことによって、ウシの肉を食べるよりも5倍のカロリーが得られるため、人口が増加し、穀物農業がう...

      続きを読む
    開く

    セーフモード