眼球綺譚

著者:綾辻行人

594円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    大学の後輩から郵便が届いた。「読んでください。夜中に、一人で」という手紙とともに、その中にはある地方都市での奇怪な事件を題材にした小説の原稿がおさめられていて……珠玉のホラー短編集。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/11/22Posted by ブクログ

       怪奇・幻想的な作品を7編収録した短編集。

       最も印象的な短編は「特別料理」
       変わったものを食べることに喜びを感じる主人公とその妻が、""YUI""という料理屋の虜になっていく話です。
      その中に出...

      続きを読む
    • 2013/08/11Posted by ブクログ

      表紙は変わったんでしょうかー?

      リアリティのある日常の表現の中に、非日常がぬるりと入り込んでくるような怖さのある作品です。すべての話に救いがないとはわたしは思っていませんが…エログロ表現の苦手な方に...

      続きを読む
    • 2014/01/26Posted by ブクログ

      久しぶりに、綾辻さんの本を読んだけど、やはり面白かった。
      中でも、特別料理のインパクトがすごかった。
      ずっと前に何かの拍子で読んだのに、題名や収録先が分からなかった。
      でも、ふとしたことで、再会できた...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000278260","price":"594"}]

    セーフモード