最後の記憶

著者:綾辻行人

814円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    脳の病を患い、ほとんどすべての記憶を失いつつある母・千鶴。彼女に残されたのは、幼い頃に経験したというすさまじい恐怖の記憶だけだった。死に瀕した彼女を今なお苦しめる、「最後の記憶」の正体とは?

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/06/12Posted by ブクログ

      amazonの評価は平均してあまり高くないが、これには星を5つ付けた。本格ミステリではなく、ホラーに近い。これは読んでいるうちに、幻想的な世界へと誘われる。きっと作者の文体と「記憶」という題材がそうさ...

      続きを読む
    • 2009/11/01Posted by ブクログ

      アルツハイマー症を題材にしているが、アルツハイマーの話ではない。
      記憶を失いつつある母が強烈に怯える「何か」を追い求める主人公、その軌跡はまるで映像を見ているかのような色鮮やかな表現で綴られていく。
      ...

      続きを読む
    • 2011/12/27Posted by ブクログ

      新カバーの角川文庫が出たので、再読。
      ノスタルジックで幻想的なホラー。これ、もしかしたら描かれてるのは一番切実な「恐怖」なのかもしれないなあ。じわじわと心の内から湧き起こる恐怖は恐怖は、どこにも逃げよ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000278256","price":"814"}]

    セーフモード