星やどりの声

著者:朝井リョウ

616円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    東京ではない海の見える町で、亡くなった父の遺した喫茶店を営むある一家に降りそそぐ奇蹟。若き直木賞受賞作家が、学生時代最後の夏に書き綴った、ある家族が「家族」を卒業する物語。

    続きを読む

    レビュー

    • 2019/08/26Posted by ブクログ


      三男三女がいる家族の物語。

      海沿いの街を背景に、きょうだい達がそれぞれの道でもがく姿が、とても爽やかな印象でした。

      1「すごくうるさい。すごくうるさいけれど、その中に入ってしまえば気にならない。...

      続きを読む
    • 2018/10/14Posted by ブクログ

      映画「桐嶋-」を観て、朝井リョウを読まなければなあと思っていたところ、売り出し中の文庫だったので手に取った。冒頭のモタつきとか、清潔なようで生々しくて気持ち悪い大学生の描写とか、よくできているけどどう...

      続きを読む
    • 2014/07/23Posted by ブクログ

      いつも賑やかな6人きょうだいの早坂家。お父さんは4年前に他界。お母さんは喫茶店「星やどり」を切り盛りしている。兄弟姉妹それぞれの視点で家族を描く6つの短編で構成されている。
      電車が走る海辺の街や、賑や...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000278255","price":"616"}]

    セーフモード