【最新刊】いのちの食べかた

いのちの食べかた

1冊

著者:森達也

484円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    お肉が僕らのご飯になるまでを詳細レポート。おいしいものを食べられるのは、数え切れない「誰か」がいるから。だから僕らの生活は続いている。“知って自ら考える”ことの大切さを伝えるノンフィクション。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/27
    連載誌/レーベル
    角川文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4
    23
    5
    7
    4
    10
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/14Posted by ブクログ

      肉を食べることから、世界の問題まで考えることができた。すべては繋がっていて、きちんと知ることが大切なんだと実感できた。無知は無力。大切なことを本当に大切にできるよう、知る、理解する、よく学ぶ。これから...

      続きを読む
    • 2018/02/19Posted by ブクログ

      同僚に勧められた本。
      肉食に関する話だと思ったら、日本の歴史や差別の話にも拡がっており読んでよかった。と場見学もしたい。
      同名別監督のDVD作品があるので観る予定。

    • 2017/11/03Posted by ブクログ

      キレイに加工・包装された食べものに囲まれて、なんの気なしにいただきますと言って口に運ぶ。でもやっぱり、それじゃいけないと思わせてくれました。
      いのちは巡るもの。何かをたべないと生きていけない私たちにと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード