【最新刊】漢字逍遥

漢字逍遥

1冊

著者:阿辻哲次

627円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「菊」の音読みを知っていますか?「月」という字の成り立ちとは?――漢字の専門家・阿辻博士が軽妙な文章で漢字にまつわる逸話や由来を記したエッセイの数々。身近な漢字を題材に、楽しく読めて学べる一冊。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/27
    連載誌/レーベル
    角川oneテーマ21
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    エッセイ

    レビュー

    3.6
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/02/04Posted by ブクログ

      『部首のはなし』との重複多し。でも、「閑話休題、言帰正伝」という日本語にも中国語にも残っている言葉の語源についてなど、興味深く読ませていただきました。

    • 2011/05/24Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      四千年の昔から現在まで、世界でもっとも長く使用されてきた文字「漢字」。
      その一字一字に秘められた由来や逸話に、日々のちょっとした出来事を交えて、漢字の研究者が綴る全100編のエッセイ。
      ...

      続きを読む
    • 2010/04/13Posted by ブクログ

      漢字のことが好きになれそうな漢字あれこれエッセイ。新聞の連載なので、肩肘はらずに読めて面白い。最近日本語や漢字が興味深く感じます。

    開く

    セーフモード