だから日本は世界から尊敬される(小学館新書)

マンリオ・カデロ

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    駐日大使の「トップ」が語る日本論。滞在歴約40年、駐日外交団長となって3年となる著者は、日本人以上に日本への造詣が深い。敬虔なクリスチャンでありながらも神道の素晴らしさに魅せられ、母国・サンマリノ共和国にヨーロッパ初の神社本庁公認神社が建立されたことを心底喜ぶ。靖国神社を愛し、各国駐日大使に世間で蔓延る「靖国」への誤解をしないよう講演するなど各地で積極的に活動している。外交団長として天皇皇后両陛下へ拝謁する機会も多く、その大御心に触れるたびに感動させられると言い切る。2011年から毎年12月の天皇誕生日「茶会の儀」では各国大使の代表として祝賀スピーチも行っているが、毎回当日は緊張で震えるほどだという。何度か陛下とはご陪食を賜ったこともあるが、そこで見た両陛下の素晴らしいお心づかいも初披露する。日本人が忘れかけている日本の文化を外国人の目からあらためて紹介して、もっと自信を持つように諭す。そしてはるか昔、歴史的な偉業を達しながらもあまり光が当てられてこなかった遣欧少年使節たちへの思いを熱く語る。米国オバマ大統領との宮中晩餐会でのエピソード、そして緊迫する対中国、韓国関係にも言及。日本の役割を披露する。

    続きを読む

    レビュー

    • 2018/04/01Posted by ブクログ

      駐日外国大使の団長マンリオ・カデロ氏が書いた本。靖国神社などナーバスな点にも外国人の視点から鋭く言及されている。一部盲目的な中国人や韓国人にも読んで欲しいな。

    • 2014/10/10Posted by ブクログ

      書かれている文章を額面通り受け取るか、それとも、その奥にあるものを読み取ろうとするかで、この本の意味は随分と違ってくる気がしますが、とりあえず、額面通り受け取るのが、素直な読み方だと思います。

      ...

      続きを読む
    • 2014/07/02Posted by ブクログ

      日本を褒める褒める本は数多く出版されているが、日本人による啓蒙書としてしか見れなかった。

      しかし、欧州の小国、在日大使団団長の西洋人からなる日本論、日本人論は興味深いものがあった。

      著者は日本の文...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000278163","price":"550"}]

    セーフモード