日本《島旅》紀行

斎藤 潤

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    海がきれい。空気がきれい。都会に疲れた。静かな所で過ごしたい。誰も知らない島へ――。北の島から南の島、なにもないのにもう一度行きたい島まで、島旅にハマる。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/02/27Posted by ブクログ

       ぎりっ、ぎりっ、ぎりっ。
       音のする方を振り返ると、公社の制服を着た郵便配達が、桟橋上のシルバーのポール脇に「起立」している。赤い旗がするすると揚がってゆく。聞き慣れない音は旗の紐を引く音だった。...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/04/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/05/04Posted by ブクログ

      新書の紀行文ですが、それが意外と面白いです。

      日本は、そもそも島でできていますが、とりあえず、もう少し小島って感じの島旅のお話。
      ますます、島へのあこがれをつよくしてしまいました。

    開く
    [{"item_id":"A000278146","price":"770"}]

    セーフモード