吐カ喇(トカラ)列島~絶海の島々の豊かな暮らし~

斎藤 潤

847円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    屋久島と奄美大島の間南北百数十キロに連なる吐カ喇(トカラ)列島は、琉球文化と本土文化の接点の場所と言われ、独自の文化が保たれている。その尽きない魅力と島人のココロを伝える。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/04/09Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      吐〓喇(とから)列島は、屋久島と奄美大島の間南北百数十キロに連なる七つの有人島と五つの無人島からなる一つの自治体で、十島村という。
      日本で一番細長い村だ。
      昭和二一年二月米軍政下におかれ...

      続きを読む
    • 2008/08/15Posted by ブクログ

      21世紀に起こる皆既日食のうち最長時間であることが算出された鹿児島と奄美の間に点在するトカラ列島。僕が原始神ボゼを見に行ったのはちょうど旧盆の今頃。とても日本の神の祀りとは思えない、南洋諸島のソレのい...

      続きを読む
    • 2015/11/04Posted by ブクログ

      再読。臥蛇島のみ読んだあと、昭和50年前後を描いた、南日本新聞社編「トカラ 海と人と」を読み、現代のトカラを描いたこの本をすべて通読。「トカラ 海と人と」で通船作業で亡くなった方の娘さんが諏訪之瀬島の...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000278145","price":"847"}]

    セーフモード