東京のホテル

富田昭次

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    高級外資系ホテルの進出で一気に注目度を増す東京のホテル。「ホテルでどう暮らすか」から「住まうホテル」まで、豊富な取材からホテルでの全く新しい時と場所の使い方を知る。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/06/09Posted by ブクログ

      いやはや,やっぱりホテルというのは夢があります.自分の知らない世界の話がつぎからつぎへと入ってきて,とても楽しいひと時でした.勉強にもなりますし.アーヴィングのホテルニューハンプシャーを読んでから読む...

      続きを読む
    • 2010/05/04Posted by ブクログ

      日本への禁断症状(いや郷愁というべきか)が高まっている我が家。主人は主に食べ物へ、私はホスピタリティと言語へ。そういう訳で読むものはほぼ日本語である。日本万歳。
      さらにかつ、こんな本を読んでしまったら...

      続きを読む
    • 2011/04/11Posted by ブクログ

      [ 内容 ]


      [ 目次 ]


      [ POP ]


      [ おすすめ度 ]

      ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
      ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
      ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
      ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
      ☆☆☆☆☆☆☆...

      続きを読む

    セーフモード