村岡花子エッセイ集 腹心の友たちへ

村岡花子

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「赤毛のアン」の翻訳家・村岡花子が全国の「腹心の友」に贈る、珠玉のエッセイ集。村岡花子の波瀾に満ちた生涯と、その心の軌跡をたどる!

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/10/21Posted by ブクログ

      先に読んだ「想像の翼にのって」より亡くなったお子さんのお話が多かったように思う。
      辛い気持ちを乗り越えて前を向いて生きていく(いる・きた)ことを書かれているのだけど、そこにはいつまでも消えない悲しみと...

      続きを読む
    • 2014/09/12Posted by ブクログ

      「花子とアン」終盤の今出逢えた本。
      劇中のエピソードが時折出てきて
      ブラックバーン校長の言葉や歩くんの歌など
      実際にあったことと知り感慨無量。
      半世紀近く前の文章なのに読みやすく
      今と通ずることも多く...

      続きを読む
    • 2014/06/27Posted by ブクログ

      「生きるということ」が印象深い。
      いよいよ「赤毛のアン」読まなきゃだ。
      まずはアニメで…って何かのレビューにも同じことを書いたような。

    開く
    [{"item_id":"A000278111","price":"1320"}]

    セーフモード